女性ホルモンを食べ物で増やし、女性らしい美しさを

女性の美しさを保つためには、女性ホルモンが欠かせない。
その「女性ホルモン」は、食べ物で増やせることをご存知だろうか?


そもそも、女性ホルモンは、美容、そして妊娠に関わってくるとても大切なホルモン。
その種類は、エストロゲンとプロゲステロンの二種類。
それぞれには役割があり、その役割も異なっている。

エストロゲンは生理が終わり、その直後に分泌されるホルモンで、排卵の直前になるとその分泌はピークを迎える。
子宮内膜を厚くし、受精卵受け入れの準備をする作用や、乳腺の発達をうながす作用がある。
それ以外にも、髪や肌のつやを良くして、女性らしい体を作ったり、さらには骨を丈夫にする、とも言われている。

また、プロゲステロンについては、排卵が起きた後に多く分泌されるホルモン。
子宮内膜の厚みを保ち、妊娠の継続を保つ働きがあるホルモン。
さらに、体の水分量の保持、食欲増進、そして基礎体温の上昇などの効果もある。
女性ホルモンが少なくなってしまうと、体に様々な問題が表れてしまう。
エストロゲンは、女性の肌の健康を保つ効果があるとされていて、エストロゲンが減ると、ニキビや肌荒れの原因となる。

では、この女性ホルモンを増やすにはどうしたらいいのか?
実は、普段食べている食事によって、女性ホルモンを増やすことができる。

例えば「大豆」。
大豆は大豆イソフラボンという、女性ホルモンと同じ働きをするとされる成分が豊富。
大豆製品の多くは低カロリーだから、普段の食生活に取り入れやすいのが魅力。
また、かぼちゃには多くのビタミンEが含まれている。
このビタミンEには、脳下垂体や卵巣などの女性ホルモンの分泌に必要とされる部位に直接働きかけ、女性ホルモンのバランスを整える作用がある、とされる。
そしてキャベツには、ボロンという物質が含まれ、これにはエストロゲンを活発にする作用がある、とされている。