ダサメイクを卒業して、垢抜け美人に

専門学校や大学生になって、新生活を始めた人も多いと思う。
そんな人がしてしまいがちな、ダサメイクと、そこから脱却して垢抜け美人になる方法。


まずは、ファンデーションの厚塗り。
「もしかして、お母さん?」と思われてしまうほど、厚くファンデーションを塗ってしまう。
パウダーのファンデーションは特に、付属のパフを使って厚塗りをすることは絶対に禁止。
田舎臭い、ダサいメイクに見える。

もともとの肌がキレイな人は、つやを出すグロウ系の下地を使い、そこにTゾーンにパウダーを重ねるだけでいい。
もしファンデーションを使うなら、薄くつくリキッドファンデーションを少しだけ使う。

Tゾーンはテカってしまいがちだから、そこには使わず、笑ったときに一番高くなる場所、そして目の周りのCゾーンにオイルを使うことはオススメ。
乾燥肌の人は、化粧水、乳液などで肌を整えてから、1滴か2滴だけのオイルを手にとって、顔になじませておく。
そうすることで、自然なツヤが出る。
ただ、付けすぎてしまうと化粧崩れを起こす原因になるから、本当に少しだけ使う。

あなたの周りにも、チークが濃すぎる人が多いかも知れない。
新しい年度で頑張りすぎているかも、と見えてしまう。
チークを使うとかわいい、と思っているのかも知れないが、使いすぎは垢抜けない印象になる。
チークを使うときのポイントは、「少し足りないかな」と思ったところでやめること。
そうすると、自然な血色に見える。

そして、目を大きく見せようとして、いろんな色のアイシャドウを厚く塗りすぎている人も。
色々な流行を取り入れすぎて、何をしたいのかわからないアイメイクの人もいる。
無理をして、色々な色を乗せる必要はなく、肌になじみがいい単色のカラーを使い、自然な陰影を作るのが今の流行。
もし目を大きく見せたいのなら、しっかりまつげをセパレートさせながら、マスカラをていねいに塗るほうがいい。

また、赤リップを使っている人も多いが、顔から浮いて見えることも。
もし赤リップを使うなら、顔のメイクだけではなく、服装や髪型なども合わせないと、ぎくしゃくした見た目になる。
赤いリップを使うときには、黄色ベースか、青ベースか?といった、自分の顔の色にあった色を使う。
そして、ベタ塗りはフケて見えるから、指を使ってポンポンと塗る。
さらに、他の場所のメイクは薄くして、服装はカジュアルなシンプルなものにする。